人材交流委員会

プラットフォームには、二つの委員会を置いており、その内の一つが人材交流委員会です。人材交流委員会は、以下の三つの目的のために設置・運営されます。

  • 日露大学間の交流の拡大と発展に資する人材育成のための学生交流の支援
  • 日露大学間の単位互換及び学位認定などの教育制度の調整に係る検討
  • 日露大学協会と連携した日露大学間の交流の促進

以上の三つの目的の実現のために、委員会は以下の活動に取り組みます。

  1. ①日露間の学生交流にかかる「優れた取り組み(Good Practice)」の共有と発信
  2. ②大学院レベル等での共同教育プログラムの推進
  3. ③大学間の単位認定及び学位授与制度の比較検討
  4. ④日露学生連盟に対する支援

活動内容については、1年半ごとに開かれる日露大学協会総会で報告を行い、事業の終了する5年後には日露の両国政府に対して、日露の高等教育システムの在り方に関する提言書を取りまとめ、提言することをゴールとして想定しています。

委員会構成員

人材交流委員会(日本の大学)(2019年12月現在)

参考資料

〇第1回 日露大学協会総会(平成30年5月開催)資料
「日露高等教育機関間の人的交流の拡充 ―人材交流委員会の設置に向けて―」