【北東連邦大学共催】2020年9月30日開催:オンライン寒冷地セミナー「北方圏における日露連携」のお知らせ(申込締切:参加のみの場合は2020年9月14日、分科会での発表希望者は9月1日)

北海道大学は、以下の日程でオンライン寒冷地セミナー「北方圏における日露連携」を開催します。本セミナーは、2020年9月にヤクーツク(ロシア)で開催されるNorthern Sustainable Development Forum(NSDF、公式Webウェブサイトはこちら)の一部として、北海道大学と北東連邦大学の共催により開催され、寒冷地研究や開発に携わる大学関係者や企業、官民団体関係者が意見交換を行う場となります。開会の挨拶・基調報告の後は、

  1. 北方圏環境
  2. 北方圏コミュニティ
  3. 北方圏社会経済開発
  4. 寒冷地の建設技術とデザイン

の4つの分科会に分かれ、日本側参加者とロシア側参加者が、あらかじめ共有された各テーマの発表に対する質疑応答とディスカッションを行います。その後、参加者全員で今後連携可能な分野・形態、将来の共同事業などについて議論します。

日時:2020年9月30日(水) 14:30―18:00(日本時間)

開催場所:ロシア/日本 (Zoomによるオンライン開催)

主催団体:北海道大学(HaRP事業)、北東連邦大学(North-Eastern Federal University:NEFU)

対象者:日露の大学の教員、学生、企業関係者、官民団体関係者

使用言語:英語

当日のプログラム:こちらをご確認ください。(2020.9.15 更新)

参加のメリット:日本の参加者にとっては、北方圏研究・開発の分野で、ロシアの政府関係者や大学関係者、日本の大学との連携を希望する民間企業関係者と交流できるよい機会となります。また、同じ分野に関心のある日本国内の関係者間の交流の場となります。

分科会における発表:分科会での発表を希望する場合は、後述の「申込方法」に記載のURLより、9月1日(火)までに発表資料の提出、参加申込をお願いします。なお、「(4)寒冷地の建設技術とデザイン」については参加者のみの受付となります。

分科会に関する留意点(「(4)寒冷地の建設技術とデザイン」を除く):分科会の参加者には、9月中旬までに参加する分科会の発表内容をお送りしますので、事前の視聴をお願します。本セミナー当日は、各人3~5分の短い発表を行い、ディスカッションと質疑応答の時間を最大限確保する予定です(参加予定者数等により変更の可能性あり)。

参考情報:本イベントは昨年度実施した「北東連邦大学と北海道大学によるCold Lands Seminar」(こちらのHP参照)を継承する形で開催します。

申込方法:参加希望者は、下記のURLより9月14日(月)までに参加申請を行ってください。

https://forms.gle/9t5SiQq1zZfqHwRP9

また、各分科会のテーマに関し映像資料を提供いただける方は、9月1日(火)までに参加登録をするとともに、30分以内にまとめた発表映像資料(英語)を上述のURLに添付する形で提出してください。なお、発表映像資料はセミナー後に、参加者の所属大学で教材として使用したり、HaRPや参加機関のHPに掲載する可能性があります。

問合せ先:ご不明な点がありましたら、北海道大学国際連携課(HaRP事務局)までお問い合わせください。

E-mail: harp_ss@oia.hokudai.ac.jp

電話: 011-706-4413

担当: 北海道大学国際連携課(HaRP事務局) ロマーエヴァ マリーナ、吉本 珠実