平成29年度 文部科学省 大学の世界展開力強化事業 採択プログラム

プラットフォーム事業の概要

HaRP事業の概要

文部科学省の平成29(2017)年度「大学の世界展開力強化事業(ロシア)」プラットフォーム構築プログラムでは、日本とロシアの大学間交流の情報や経験を集約し、活用するためのプラットフォームを構築する他、2016年5月の日露首脳会談で提示された「ロシアの生活環境大国、産業・経済の革新のための協力プラン(8 項目の日露協力プラン)」に寄与する人材育成、同年 12 月の日露首脳会談において設立が合意された「日露大学協会」の具体的な活動計画の立案を行うこととしています。

北海道大学と新潟大学とが共同で採択された事業計画では、「8 項目の日露経済協力プラン」を受け、「人材交流委員会」及び「専門セクション運営委員会」という二つの委員会を軸として、産業界や地方公共団体等の協力を得て 「医療・健康」、「都市づくり」、「中小企業交流」、「エネルギー開発」、「産業多様化促進」、「極東の産業振興」、「先端技術協力」、「人材交流促進」の 8 分野での日露交流の全面的拡大及び発展に積極的に寄与する取組を行うこととしました。その後、事業の推進に伴い、「人材交流促進」分野については、人材交流委員会で扱うものとし、専門人材育成のニーズのある「言語・文化・観光」セクションを追加、また「エネルギー開発」は「SDGs:環境・資源開発・多文化教育」セクションと改編され、より一層の発展を目指しています。さらに、日露交流に関する地域の自治体や経済界との連携を発展進化させ、日露の大学と自治体や経済界との共同による「日露共同専門教育機構(仮称)」の2022年度までの構築を目指します。