大学の世界展開力強化事業

事業概要

大学の世界展開力強化事業は、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目指し、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受け入れを行うアジア・米国・欧州等の大学との国際教育連携の取組を支援することを目的とした、文部科学省の事業です。

平成29年度は、「ロシア、インド等との大学間交流形成支援」として、両国の大学との間で、質の保証を伴った交流プログラムを実施する事業(タイプA)及びプラットフォームを構築する事業(タイプB)に対して重点的に財政支援が行われています。財政補助期間は最大5年間です。

タイプA:交流推進プログラム

国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバルな展開力の強化を目的に、高等教育の質の保証を図りながら、ロシア又はインドの大学との間で、日本人学生の海外留学や外国人学生の積極的受入を伴う教育連携プログラムを実施する事業。

タイプB:プラットフォーム構築プログラム

ロシア、インド両国それぞれ1件ずつ選定された大学を当該国のプラットフォーム構築事務局と位置づけ、選定大学をはじめとするロシア・インドの大学との交流を実施する全国の大学等の活用に資する事を目的として、本プログラムの実施等において得た情報や経験を集約したプラットフォームを構築する事業。

(日本学術振興会ホームページより抜粋・追記)