J-Anime Meeting in Russia完成披露試写会&パネルディスカッションの開催

2020年5月24日、日本映像翻訳アカデミー(JVTA)主催、東京外国語大学共催で、「J-Anime Meeting in Russia完成披露試写会&パネルディスカッション」が開催されました。J-Anime Meeting in Russiaとは、日本とロシアの大学で学ぶインターンが主体となって映像翻訳から運営、PRまで手掛けるJVTA主催東京外国語大学共催の上映プロジェクト(日露地域交流年認定事業)です。今回の完成披露試写会&パネルディスカッションイベントは、日本とロシアの50人超のインターン生が中心となり2020年11月にモスクワで開催予定のJ-Anime Meeting in Russiaに向けた中間発表を兼ね、オンラインで開催されました。イベント報告記事がJVTAの公式サイトに掲載されていますので、詳細は以下のリンクをご覧ください。

JVTA公式サイト:【イベントレポート】日露の学生がリモート画面を通じて発信!J-Anime Meeting in Russia完成披露試写会&パネルディスカッション

J-Anime Meeting in Russiaの公式サイト

 

HaRPとのつながり

JVTAは(8)言語・文化・観光セクションに参画している東京外国語大学の日露交流事業に連携しています。2020年1月31日に東京で開催された第2回日露産官学連携実務者会議では、東京外国語大学の教員2名、JVTAより1名がパネルディスカッションに参加しました。また、JVTAは、2020年2月21日に北海道大学で開催された「ロシア語通訳・翻訳専門育成に関する連絡会・意見交換会」にも参加し、大学と官民団体の代表による議論の発展にご協力いただきました。

HaRP事務局は、2020年5月24日の「J-Anime Meeting in Russia完成披露試写会&パネルディスカッション」に関し、(8)言語・文化・観光セクション参画者にイベント開催の案内を送付し、広報での協力をしました。その結果、創価大学の教授と学生数名が同イベントに参加しました。

J-Anime Meeting in Russia完成披露試写会&パネルディスカッション当日の様子©JVTA